January 19, 2014

さらば!Flash 8

mavericks

OSをMavericksにアップデートすることにした。Snow Leopardは10.6.8から2匹のLionを飛び越して一気に10.9.1へ。期待される効果は、Flash CCから書き出したMOVの中間色シフト問題改善。伴う犠牲はPowerPCネイティブなアプリケーションとの決別だ。それにはあのFlash 8も含まれる。Flash 8と言えば、歴代最高のFlash。8年間という、もっとも長く付き合ってきたFlashなのです。地獄の底まで共にするつもりだったんです。そのFlash 8を切り捨ててもMavericksをインストールする決心をしたんです。

インストール前

インストール前

Mavericksをインストールしようとすると、PowerPCのアプリは動かなくなりますよって警告がでる。iView MediaProってのは、画像のビューワーソフト。今も使ってるんだけど、これも使えなくなるのか、うーん、ちょっとためらう。資料の画像やビデオを案件ごとにカタログ化して管理・参照してるんだけどなー。でもMSに買収されてMac版の開発は終わってるし、諦めて他のを探そう。

インストール後

インストール後10.9.1にアップデート完了。新しいドックの中で、Flash 8がかわいそうなことにOSからディスられてる。Flash 8は「とうとう殺してくれたな」と言いました。でも必要なときはPowerBook G4に入れてあげるから。インストール前に警告されんかったけど、Swift 3D v5も使えなくなってたので、Flash 8やiView MediaProと一緒に削除しました。使えなくなったSnapz Pro Xはアップデート。逆に使えるようになった使えるようになったAfter Effects CCをインストール。Mavericksのインストーラに削除されたQuickTime Pro 7を再インストール。

MavericksだとDVDプレーヤーの再生画像がSnapz Pro Xでキャプチャできなくなってたのがショック。思わぬ弊害が出てしまいましたが、それどころではなかった!なんと重要なものが動きまへん・・・

Flash CC 13.1インストール

mavericksなんと、Flash CCが開けなくなってる!どんな問題が起きたにせよ、見たくないアラートなのでショックだ〜!仕方がないので、Flash CCをいったんアンインストール。改めてFlash CCをインストールしたら無事動きましたとさ。

Mavericks設定

最後に、オレにとっては5年ぶりの新OSってことで、設定し直したことをメモしておきます。
  • ライブラリ:ホームの表示オプションで「ライブラリフォルダを表示」に
  • Finder:スクロールバーがペンだとダメなので、一般設定で「常に表示」に変更
  • mail.app:縦カラムは使いづらいのでクラシックレイアウトに。Mailboxesから元のメールフォルダを読み込み
  • Safari:ブックマークのfaviconを保存してくれんので、ライブラリのIconsフォルダの中身を捨てた
Posted by A.e.Suck at January 19, 2014 11:19 PM





Flash
AE