May 29, 2016

『Long Way North』を公開してよ

Tout en haut du monde

Flashアニメがグランプリ受賞

Tout en haut du monde東京アニメアワード2016の長編アニメ部門グランプリ作品『Long Way North』って観た人いますか?この81分の映画は、フランスとデンマーク合作の劇場用長編Flashアニメーションです。Flashだと知ってたら観に行ったのにー。TAAFのサイトの作品情報には、3DCG, Live-Action Animated, Motion Graphics, motion comic, motion captureが技法に挙げられてて、3DCGアニメかと思ってたわ。筆頭にFlashって書くべきなのに。FlashはTVPaintやToonBoomのようなソフト名でもあるけど、2Dアニメ技術の1つでもあるんだぜ。日本のアニメ業界はなぜかFlashだってのを伏せたがる傾向にあるように感じる。アドビも『戦場でワルツを』(2008)のときと同じく話題にしてくれねーし。

制作は『Song of Sea』参加スタジオのひとつ、デンマークのアニメーションスタジオNørlumです。『Song of Sea』は共同制作なのでTVPaintでしたが、自社作品である今作はFlashのブラシ作画+Cintiq/intuosです。中割りは基本3コマ打ち。

19世紀末、ロシア貴族の娘サーシャが、北極で行方不明になった科学者の祖父を探しに冒険する話です。製作費は6,000,000ユーロ(約6億8000万円)、てことは『ズートピア』の1/22。2016年には世界25地域のほか、アメリカでも公開が決まってます。ということは劇場用長編Flashアニメとしては『戦場でワルツを』に続いてアカデミー賞ノミネートもあるかもですよ。そんなことより、日本で一般公開してくれよ!!!

パイロット

完成版は3コマ作画(8枚/秒)だけど、パイロットは2コマ打ち(12枚/秒)で作画したそうです。

アニマティック

ラフアニメーション

TAAFグランプリ授賞式

参考リンク

Posted by A.e.Suck at May 29, 2016 01:19 PM





Flash
AE