April 13, 2018

パシフィック・リム: アップライジング

Pacific Rim: Uprising2018, 111min. 新宿ピカデリーT2 ★★★

Universal Pictures & Legendary Pictures presents, a Legendary Pictures / DOY production, "Pacific Rim: Uprising" John Boyega, Scott Eastwood, Cailee Spaeny, Burn Gorman, Charlie Day, Tian Jing, Adria Arjona, Rinko Kikuchi w/Max Zhang & Charlie Day, music by Lorne Balfe, Production Designers: Stefan Dechant, visiual consultant: Guillermo del Toro, director of photography: Dan Mindel, asc bsc, based on characters created by Travis Beacham, written by Steven S. DeKnight & Emily Carmichael and Kira Snyder and T.S. Nowlin, directed by Steven S. DeKnight, VFX: Peter Chiang, Double Negative, ILM, Ghost VFX, Atomic Fiction, Gentle Giant Studios, CG: Blind, Territory Studio, SFX: Weta Workshop, Legacy Effects, Odd Studio, Title: Imaginary Forces, Clear Angle Studios, Turncoat Pictures, 3D Conversion: Prime Focus World, Gener8, previs: The Third Floor, Halon Entertainment, Day for Nite, title: Prologue Films

ワーナーじゃなくなったけど、ユニバーサルとレジェンダリーのロゴがCGでイカす!予告で期待値下がりまくってたけど、悪くない。とゆーか、ギレルモ色が薄れた分よくなってた。前作で不満だった部分はほぼ解消されて、オレ好みに寄せてきた感じ。観たい絵をしっかり見せてくれる。監督が『スパルタカス』のスティーヴン・S・デナイトに代わってよかった!アシュールが出るわ、アグロンやガンニクスまで!イェーガーも国別ではなく機能別になってて納得。シドニーにオブシディアン・フューリーが現れるシーン、逃げる作業員をなめるのがいい。東京のシーンでも逃げ惑う群衆描写もよかった。シドニーもシベリアも東京も白昼バトルなのが好感持てる。チェーンソード対決カッコイイし。崩れるビルの破片も満足な量。未来の東京はオモロイ。破壊するためにできた都市だ。ガンダム像あったり。おまけに富士山近いのがいい!ちょっと不細工な富士山だけどラストバトルに相応しいのがわかってるよね。スコットがますますクリントに似てた。声もだけどフォーカスいってないときなんか特にそっくり。残念なのはポスターに描いてあるオスプレイが出てこないこと。製作費1億5,000万ドル、USはPG-13。配給は東宝東和、惹句は「戦いは、ついに[新世代]へ」

投稿者 A.e.Suck : April 13, 2018 08:16 PM