March 30, 2019

運び屋

The Mule2018, 116min. 新宿ピカデリー ★★★

Warner Bros. presents w/Imperative Entertainment, w/Bron Creative, a Malpaso Production, Clint Eastwood, Bradley Cooper "The Mule" Laurence Fishburne, Michael Peña, Dianne Wiest & Andy Garcia, music by Arturo Sandoval, Editing by Joel Cox,ACE. director of photography: Enrique ChediakYves Bélanger,CSC. inspired by the New York Times Magazine Article "The Sinaloa Cartel's 90-Year Old Drug Mule" by Sam Dolnick, written by Nick Schenk, directed by Clint Eastwood VFX: Prime Focus

2005年、社交的な老紳士。2017年、すっかりおじいちゃん。アール・ストーンは『バリー・シール』の地上版。人生の埋め合わせ、それは蔑ろにした家族。実話路線まっしぐら、安定のクリント映画。無駄のない、いい映画で感動したー。劇伴も最小限で、SEだけで緊迫。運び賃も金額ではなく札束の数で見せてるのがいい。『グラン・トリノ』のウォルトみたいに思ったことをズケズケ言えるじーさんが、家族と向き合おうとする。特に娘は許してくれない。がんばれアール。元奥さんを見舞うシーンと、逮捕された時の会話で涙が出た。法廷では家族が来てくれて「よかったね、アール」って声かけたくなっちゃった。DEAでメキシコつったらマイケル・ペーニャだけど見せ場なし。製作費は5000万ドル、USはR。WB配給。

投稿者 A.e.Suck : March 30, 2019 11:50 PM