September 08, 2019

ブレードランナー ファイナル・カット

Blade Runner The Final Cut2007, 118min. グランドシネマサンシャイン T12 ★★★★

Jerry Perenchio and Bud Yorkin present, a Michael Deeley - Ridley Scott Production, Starring Harrison Ford in Ridley Scott's "Blade Runner: The Final Cut" with Rutger Hauer, Sean Young, Edward James Olmos, screenplay by Hampton Fancher & David Peoples, based on the novel "Do Androids Dream of Electric Sheep?" by Philip K. Dick, original music composed by Vangelis, director of photography: Jordan Cronenweth, Visual Effects by Douglas Trumbull, directed by Ridley Scott, A Ladd Company release in association with Sir Run Run Shaw, thru Warner Bros., VFX: Douglas Trumbull, EEG, Dream Quest Images, SPI, Lola VFX, Illusion Arts, The Orphanage, Technicolor Digital Intermediates, New Deal Studios

初めてのIMAXレーザー4K。TOHOシネマズのIMAXより200円高い。35mmで撮影された本編パートを4Kで、65mmの特撮パートを8Kでスキャンした4KマスターをIMAX DMR。ラッドカンパニーの木がやけに高い位置に出てきた!なんとIMAXスクリーンの上に詰めてた。アスペクト比は2.39:1で下1/4が黒。これだったら真ん中より後ろの席とるんだったなあ。それでも視界全体が2019年のLAなので迫力あった。画質的には特撮シーンがすんごい鮮明。雨とかブリンプとかブラスターのアップも。セバスチャンのアパートも明るく感じた。ロイの顔を流れる雫!ファイナル・カットは人気あるけど、オレはインターナショナル版が好き。ナレーションと『シャイニング』の空撮があるやつ。リドリーが嫌いなバージョン。USはR。

投稿者 A.e.Suck : September 8, 2019 10:43 PM