June 01, 2013

バレット

Bullet to the Head2013,91min. 新宿ピカデリー S8 ★★

Warner Bros. presents w/Dark Castle Entertainment & IM Global, a Millar Gough Ink / EMJAG Production w/ After Dark Films, a Walter Hill film, Sylvester Stallone "Bullet to the Head" Sung Kang, Sarah Shahi, Adewale Akinnuoye-Agbaje, Christian Slater and Jason Momoa, music by Steve Mazzaro, director of photography: Lloyd Ahern ASC, based on the graphic novel "Du plomb dans la tête" by Matz & illustrated by Colin Wilson, screenplay by Alessandro Camon, directed by Walter Hill, VFX: Lola VFX, Pixel Playground, Method Studios, Christov Effects and Design, duMonde Visual Effects Title: Prologue Films

バレットスライは元海兵隊のC4エキスパート、ジミー・ボボ。ヘンな名前だけど通称なんだ。爆破はするけど、達人ぶりは見せないぜ。邦題の「バレット」は狙撃銃じゃなく弾丸の意味。スナイパーじゃなくヒットマンなんだ。銃はブローニング・ハイパワー。9ミリにしちゃ音デカイ。「ワイルド・バレット」のウェイン・クラマーが監督だったけどスライと仲違いしてクビに。クラマーがスライの相棒に配役したトーマス・ジェーンの勧めでレジェンド、ウォルター・ヒルが10年ぶりの監督。これでシュワ、ブルース、スライの主演作制覇。BD原作の脚本はスライとヒルがリライト、ジョエル・シルバー判断で相棒はトム・ジェーンから「ワイルド・スピード」シリーズの韓国人ハン・ルーに。ハリーと組まされたチコみたいなもん、死なないけど。シンプルなプロットを一直線でこなしていくだけなので転換もなく地味。演出的には懐かしの70〜80年代風で、ウォルター・ヒル節が堪能できる。衰えたんじゃなくオマージュ!最後は恒例の決闘もある。スライの相手はロノン。殺し屋同士がアックスで戦う肉弾戦。スライの娘リサはトム・コーディーの姉さんみたいでよかった。クリスチャン・スレイターのザコ役がハマってた。製作費は5500万ドル、USはR、日本はR15+。

imdbimfdb予告日本語サイト

投稿者 A.e.Suck : June 1, 2013 09:48 PM