July 18, 2019

『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』


『Long Way North』を公開してよから3年、フランス・デンマーク合作の劇場用長編Flashアニメーション『Long Way North』が『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』の邦題でついに公開決定ですよ。世界で27ヵ国目だそうです。配給のリスキットさん、ありがとう!
2016年7月にアンスティチュ・フランセでのTAAF受賞記念特別上映会を逃したみなさん(オレも!)には朗報ですね。9月6日から東京都写真美術館ホール、以降順次全国公開。公開が楽しみです!日本版の予告編も公開されています。

世界での評価

東京アニメアワード2016グランプリ、アヌシー国際アニメーション映画祭2015で観客賞受賞。2015〜2017年にかけてフランス、オランダ、ルーマニア、スペイン、イギリス、ポーランド、アメリカ、カナダ、香港、ギリシャ、イタリア、ノルウェー、ロシアなどで公開されてきました。RottenTomatosのトマトメーター(批評家による評価)では98%の高評価、これは『トイ・ストーリー4』と同じなんです。どんなに高く評価されてるかわかりますよね。さらに観客の満足度も76%と70%以上なのでいい結果といえます。

試写会

てことで7月12日に行われた試写会に参加して、さっそく観てきちゃいました。Flashは死んだと思ってるやつ全員に見せたい映画ですよ!そしてFlash使いやFlash大好き芸人、特にFlashアニメーターにぜひ観てほしいです。
お話は19世紀のロシア。北極探検に行って行方不明になった祖父の捜索が打ち切られたため、自ら捜索に行く貴族のお嬢さんサーシャの冒険譚です。舞踏会の作画は大変だったでしょうね。港では船に乗り損なったので食堂で働くことになります。忙しい食堂での生活が前半の見せ場です。1ヶ月後に出航、船の外観は3Dモデルです。3本マストだと船員数が増えて作画が大変になるので2本マストにしたそうです。
サーシャの過酷な旅は『雪の女王』のゲルダを彷彿。主線なしのシンプルキャラが3コマ打ちでいい芝居してました。瞳がククッと動くの好き。実写的なレイアウトもカッコイイ。特に光と影の描き方。BGもFlash作画で、FXもFlash作画(フィルタなし)、てことでほぼ全編FLAで仕上がってます。AEで盛ったりしない!

今回字幕は映像の下に明朝で読み辛かった。9月の公開時は映像に乗せ、吹替え版も制作するとのこと。公開されたら吹替えで観ます。そうそう、エンドクレジット後にも1カットあるのでお見逃しなく。

メイキング


制作の中心となったフランスのサクレブル・プロダクション。他にメイビー・ムービーズ・スタジオ、デンマークのノエルラム・スタジオも加わりました。15ヶ月の制作期間のうち、アニメーションに8ヶ月費やしたそうです。製作費7億2000万円。

タイムラインは上派も下派も。使用してるFlashのバージョンはCS5.5またはCS6ですね!さすがにCS3はいないか・・・
キャラは反転が効くようにすべてシンメトリーにデザインされてます。その上で髪のパーツを加えて対称を壊すようにしてますね。主線なしはFlash的にはパーツ分けしやすいよね。

関連サイト

Posted by A.e.Suck at July 18, 2019 01:30 AM




Flash
AE