May 10, 2019

Animate/Flash:バージョンと製品名

アドビから「Creative Cloudのダウンロード提供状況と利用方法の変更に関するご案内」ってメールが来ました。これによると自分の場合、ANIMATE:14.0とANIMATE:16.5を使った形跡があるけどもう使わないでね!ってことらしく、バージョンで言われてもわからんわ!です。

メールには提供状況が書かれていなかったので、自分で調べたところ、CC 16, CC 15, CC 14, CC 13, 12 は提供終了につき使用禁止ってことですね。紛らわしいけどCC 16ってCC 2017のことだよね。そしてCC 2016はない。12って何?アプリケーションのバージョンと製品名が結びつきません!これまでのバージョンと製品名を整理してみました。

バージョン製品名release
認定されている製品
19.2Animate 20192019
19Animate CC 20192018
18Animate CC 20182017
認定外の製品
16Adobe Animate CC 20172016
15.1Adobe Animate CC 20152016
15Adobe Flash Professional CC 20152015
14Adobe Flash Professional CC 20142014
13Adobe Flash Professional CC2013
12Adobe Flash Professional CS62012
すでにサポートが終了している製品
11.5Adobe Flash Professional CS5.52011
11Adobe Flash Professional CS52010
10Adobe Flash CS4 Professional2008
9Adobe Flash CS3 Professional2007
8Macromedia Flash 8 Professional2005
7Macromedia Flash MX 20042003
6Macromedia Flash MX2002
5Macromedia Flash 52000
4Macromedia Flash 41999
3Macromedia Flash 31998
2Macromedia Flash 21997
1Macromedia Flash1996
1FutureSplash Animator1996

12ってFlash CS6ですよ!CCで提供されたばっかりに、とんだとばっちりですよ。うちの12、いやFlash CS6はパッケージ版なのでセーフなはずで、サポートはなくともCS6には今後もAnimate CCとFlash CS3の橋渡し役を続けていただきましょう。そのためFlash CS5とCS4も控えてます。

弊害はあるのか?

Animate CC 2017からFlash Pro CC 2013まで使えんくなって困るのは、「この機能いつからあったの?」と「この不具合っていつから?」って遡って調べることができなくなること。前者はリリースノート探せばなんとかなるけど、後者はもはや調査不可能。まあ、起動するし実際使えますけどね。第三者に訴えられるかもって脅されてるんで。

第三者って誰?

CCはアドビと第三者とのライセンスが切れたから?みたいに読み取れるけど、実際どうなんだか。もしこれなら、AnimateやFlashは関係ない話みたいだよ。

認定バージョンの不具合

2019、CC 2018には非認定バージョンにはなかった不具合がある。CCがとれたAnimate 2019(19.2)はグループ内で同じ位置にペーストしただけで落ちる!2018以前では問題なかったこと。つまり信頼性に欠ける最新版は仕事に使えんから、2018しか選択肢はないのです。かと言って、2018は極細線は実践に変更できない。また実線は線の伸縮が「標準」以外になってると極細線に変更できない。使い慣れた極細線を使用禁止にするしかない。

CCって好きなバージョンを選んで使うことができるはずだったのに。最新バージョンを使いたい人にはいいけど、安定して動作するバージョンを使いたい人にはCCは何の徳もないじゃないか。

Posted by A.e.Suck at May 10, 2019 08:16 PM




Flash
AE