December 19, 2014

背景はトゥイーンで描く

背景はトゥイーンで描く

背景を描くのは好きじゃないって前回も書きました。実は他にも理由があります。ぶっちゃけ、背景はタダだから。個人制作のFlashアニメーション仕事は昔からアニメーターが背景も担当してきたわけで、背景の予算なんて最初からないんだもん。ギャラが激安になった今では、背景はタダで描いてるようなものなんです。簡単な背景ならいいんだけどさ、たった3秒しか使わないワイドの背景描くのに丸2日かかったりね、タダなのに。だから自分でコンテ切るときは、背景はシーン内で使い回せるように設計するとかしないとね。タダだから少しでもラクしたい、手抜きしたいと思うのです。そんな中から生まれたFLASHならではの背景作画テクニックです。

パース

コンコースの背景制作です。ワイドなエスタブリッシングショットです。レイアウトしてはオーソドックスな一点透視です。パースの狂いが出やすい上、パース上に柱や照明をいっぱい描くのって超メンドイですよ。キューブリックが好みそうな左右対称の背景なので、FLASHならあの手が使えます。

パースなぁ〜んにもない、ガラーンとしたコンコースの絵。センターから放射状に伸びる赤い線はこの背景のパース。


柱のシンボルパース線が重要なので色付き背景はアウトライン表示に。新規シンボルを同じ位置で編集にして、柱をパースに合わせて描きます。この場合、柱は左右で一対。貼ってあるポスターの都合です。


手前の柱柱のシンボル完成。このレイアウトで一番手前の柱になります。


奥の柱この柱を数フレーム先のキーフレームにコピーして、パース上に縮小配置。これが一番奥の柱です。オニオンスキンで手前の柱を表示して確認。


トゥイーン

トゥイーン手前から奥に、柱のインスタンスをクラシックトゥイーン。とりあえず、イージングは[100]。トゥイーンスパンを長くすると柱の数も増えます。


オニオンスキントゥイーンをオニオンスキンで表示。ただのイージングだと、手前と奥以外の柱がパースに合ってません。


カスタムイージングカスタムイージングでトゥイーンバランスを変更。このカーブは後で使うのでメモリにコピー。


オニオンスキンすべての柱がパース上に並んだのをオニオンスキンで確認。


キーフレームに変換トゥイーンスパンを選択してキーフレームに変換します。


複数フレーム選択複数フレーム選択ですべてのインスタンスを選択してカット。トゥイーン始まりのフレームで、同じ位置にペーストします。これですべての柱が同じフレームに集まりました。重なり順も正しいです。


柱配置完了これで柱の配置が完了です。


天井の照明天井の照明も同様に、手前から奥へのクラシックトゥイーンで配置します。このとき、カスタムイージングでメモリにコピーしてあるイージングカーブをペーストすれば柱とピッタリ合うよ。


人物配置最後に人物の汎用シンボルを配置すれば背景の完成です。柱のシンボル内でポスターを変更すれば、コンコースじゅうのポスターが一気に張り替えできます!


Posted by A.e.Suck at December 19, 2014 09:03 PM





Flash
AE