April 01, 2009

intuos4FLASH

intuos4
intuos3を導入してから4年半。ついに最新型のintuos4が登場です!ワコムタブレットはシリアル、ADB、USBと18年使ってますが、真っ黒いのは初めてです。SR-71とかF-117みたいでカッコエエです。今までintuosに付属のマウスって使ったことないんですが、今回からマウスは付属せずオプションになりました。USBケーブルは利き腕側の2箇所に接続できるようになってます。オレはHDシネマディスプレイのUSBポートからつなげてますが、動作は安定しています。ただ、システムがスリープから復帰したとき、反応しなくなることがありますが、タブレット側のUSBを差し直せばOKです。

intuos4サイズはS/M/L/XL
入力エリアがワイドで統一されたんで、サイズの呼び方はA5とかA4じゃなくMやLになりました。わっかりやすーい。オレのはMです。intuos3でいうA5サイズです。なぜMを使ってるかってえと、、、でかいタブレットを置くとですね、キーボードを置く位置が遠くなるのと、入力面が広いとそんだけペンストロークもおっきくなるからです。ただ、ワイドだったらLでもよかったかな、とも思います。

intuos4サイドスイッチのないペン
ペンのサイドスイッチをはずせば、付属のぶっといグリップに交換できます。これが思ったより持ちやすいのです。サイドスイッチの煩わしさから解放されました。感知性能もアップしたので描きやすくなってます。FLASHの場合、鉛筆も筆圧ブラシもかなり気持ちよく描けます。特に描きはじめ(入り)が感動的なほどキレイになってます。
付属のペン立てはぶっといグリップのまま縦にも横にも置くことができます。ペン立てには替え芯ホルダが格納できるようになってるので、芯を交換する時にいちいち探さなくてもいいのです。目には見えないけど常に手元にあるわけです。

intuos4ファンクション&タッチホイール
intuos3のトラックパッドとファンクションは使いにくくて「無効」にしてたけど、intuos4では「無効」にしなくていいです。便利に使えるようになってます。新しいファンクションキーはシンプルな縦配列になって、一方にまとめられました。しかも設定した機能は有機ELディスプレイに表示されます。このディスプレイ、ペンを使ってない時は自動的に消えます!
トラックパッドの代わりに装備されたのは、BAMBOOみたいなタッチホイール。しかも自分で機能を4セット設定できます。これらは真ん中のボタンで切り替えできます。FLASHだと、表示比率だけでなくタイムラインの移動にも使えてオイシイです。

intuos4タブレット設定
タブレットはFlashのバージョンごとに設定します。ペンのサイドスイッチとテールスイッチはこれまでと同じく「無効」にしました。ファンクションキーには、作画中によく使うショートカットキーのうち、左手だけでは操作しにくいものを登録しておきます。「吸着」「プレビュー」「シーンプレビュー」「重ね順」などですね。「縦反転」「横反転」は自分でキーボードショートカットを設定してから、ファンクションに登録します。残念なことに「Cmd+Space」は、intuos3あたりから受け付けてくれなくなってます。
タッチホイールのオススメ設定はタイムラインのコマ送りです。右周りに「.」左回りに「,」を登録しておくと、タイムラインを正逆にコマ送りできるのです。編集機みたいでしょ、タイムライン派にはたまりません。標準設定はFlashに対応してないので、ぜひ変更しましょう。あと、時計回り/反時計周りに90度ずつ回転するのもアリですね。
新登場のラジアルメニューは、1キーで使えるわけではないので、FLASHでの作業中は使わないかも。

intuos4は向上した感知性能とタッチホイールだけでも大満足できます!ファンタスティック4が「超能力ユニット」なら、intuos4は「超作画ユニット」なんです。intuos2や3は、そろそろ退役させてあげましょう。

Posted by A.e.Suck at April 1, 2009 02:25 PM





Flash
AE