November 04, 2011

映像の教本

映像の原則

映像の原則 改訂版

富野由悠季(著)
キネマ旬報社社(ISBN: 978-4-8737-6736-9)
名著「映像の原則—ビギナーからプロまでのコンテ主義」が出版されて10年がたとうとしてるわけだが、ついに改訂版が発売された。ページ数は7ページしか増えてないけど、デジタル時代の現代に十分通用する内容にアップグレードされ、教科書とも言えるほど内容が充実した。人に見せる作品を作るには原則は避けて通れないぞ。読むしかないぜ。映像のルールについて、富野さんの視点による実例と考察が面白い。そーゆーもんだと思ってても、なんでそーなのか考えてなかったし。映像の捉え方、感じ方、規則性の手がかりを知ることができ、具体的な描き方も示されている。人に見せるために制作するなら、ぜひ読んでおいてほしい。絵描きの心理をするどく付いてる点もさすが、というか。オレは富野さんのファンでもなんでもないけど超オススメなのよ。

映画監督術

映画監督術 SHOT BY SHOT

スティーブン・D. キャッツ著、津谷祐司訳
フィルムアート社(ISBN978-4-8459-9663-6)
絵コンテを通して解説する、撮影やカット割りを含めた演出技法の教科書です。シチュエーションや意図に沿った「見せ方」を学ぶことができます。ハリウッドではかなりスタンダードとされてる本です。持っておくと安心。


映画監督術〈2〉

映画監督術〈2〉cinematic motion

スティーブン・D. キャッツ著、津谷祐司訳
フィルムアート社(ISBN 978-4-8459-9879-1)
上の本の続編とゆーか、応用編。キャメラワークを考えながらコンテを切ることを学ぶ本。


Posted by A.e.Suck at November 4, 2011 04:07 PM





Flash
AE