December 04, 2013

HTML5 Canvas

HTML5とか全く興味ないんだけど、CS6のToolkit for CreateJSに代わってCCのHTML5 Canvasが面白くない。なにが面白くないって、狙い通りのムービーにならんこと。まずは前にToolkit for CreateJSを試したとき作った検証用のFLAを使ってみたよ。そのSWFを貼っておこう。

んで↑これ↑のFLAをCCで開いて「AS3をHTML5 Canvasドキュメントに変換」してみた。わー、警告いっぱーい。さらに、JavaScript/HTMLでパブリッシュしてみるとこうなった。こんなのヤダー!興味深いのは、爆発が消える部分がなく、背景が足りないこと。あと手前のメーサー車がジャギって汚い!どれもToolkit for CreateJS 1.1ではちゃんと再現されてたのにー。再生パフォーマンスは良好だが、iOSで見ると超遅い!iOSのためのHTML5だっつーのに、これはひどいってくらいカックカク!
Flash CCの出力パネルにいろいろ警告が出てるぞ〜!

  1. 極細線はNG
  2. 線の属性はNG
  3. カスタムイージングはOK
  4. クラシックモーションガイドはOKだがパスに沿って回転はNG
  5. カラー効果はフィルターになる
  6. 放射状グラデーションの変形はNG
それと、禁じ手ではないけど、フィルタのぼかしと光彩は高負荷だと迷惑がられた。カラー効果もね。ははーん、そのせいで再生がカクカクなのね。見苦しい結果になったのはHTML5 Canvasでサポートされてない機能を使ってるから。こんなにもサポートされない機能があるのよ。サポートしなさすぎだろ、つーかそもそもHTMLにすることに無理があるんだろう。アニメの再現性はToolkit for CreateJSの方が勝ち。iOS上の再生パフォーマンスは、ビットマップ変換するとか、演出の引き算が必要。はい、わかった、SWFでいいよ。

Posted by A.e.Suck at December 4, 2013 05:01 PM





Flash
AE