July 03, 2014

Swivel、スイベル

Swivelがある!一昨日、Creative Cloudのメンバーシップの期限が切れてました。またか!とお思いでしょうが、今はCS3とCS6で間に合ってるので、すぐ継続する気はないんです。またCC使う時がきたら更新しよっと。あ、でもビデオ書き出しはどうすんの?そうだ、我々にはスイベルがある!スイベルんだあ!そう、あれは去年の12月7日のFlashオフんときでした。Swivelってフリーウェアを知ったのです。発音はスウィヴェルなんだろうけど、日本語ではスイベルです。SWFファイルをビデオに変換するコンバーターです。


FLAからビデオ書き出ししなくても、SWFパブリッシュしてSwivelでビデオ変換すればいいんです。こんなスグレもの、みんなとっくに使ってたとは。誰も教えてくれないんだもん。
Swivel
キモいUIさえ我慢すれば、変換ツールとしては95パー使えます。ハッキリ言って、Flash CCのビデオ書き出しよりはるかに高機能なの。元のSWFを選んで「CONVERT」をクリックするだけでもいいんだけど、Swivelのビデオ変換には4つのフェイズと豊富なオプションがあるんです。てことで、SDサイズ(640x480)の古いSWFをYouTubeにアップする目的で、HDサイズ(1280x720)のビデオに変換してみます。古いSWFは音質を落としてる書き出してる場合があるので、できれば変換前にパブリッシュし直した方がいいです。

SOURCE

SOURCEまずは変換元のSWFを指定します。ADDすると、プレビューが出ます。
次にビデオ化する範囲を指定します。「Frame Range」のデフォルトはSWFのタイムライン全体です。通常はコレですな。開始フレームと終了フレームを指定すれば任意のフレーム間を書き出せる。
「Manually...」は、別ウィンドウでSWFがプレビューされるので、「RECORD」ボタンで録画するスタイル。タイミングが難しいw
「Render Quality」は[High]にしとこう。
「Bitmap Smoothing」をチェックしとくと、今回のように拡大して書き出す場合、SWF内ビットマップにスムージングをかけてくれる。ありがたいね。等倍や縮小なら意味なし。
他のフェイズがデフォルト任せでいいならこれで「CONVERT」をクリックすればビデオ変換。でも最初は他のフェイズもチェックしておこう。
SOURCEそうそう、読み込み時に、複数のSWFを指定すると、つなげたビデオができます。たとえば、カットごとのSWFを読み込むと、1番から順番につながった1本のビデオになっちゃうってわけ。

VIDEO

VIDEOここはビデオの書き出しオプションです。結構大事なとこですよ。「Output Video Name」は書き出すファイル名、とゆーかパス名。デフォルトならSWFと同名で同一階層に書き出してくれるので、それでいいや。
「Video Size」は最重要。ここで横幅と高さを指定します。レシオが違うので縦横比固定はオフにしてから数字を入れます。
「Scale Mode」は3種類。今回のように、オリジナルSWFと書き出すビデオのアスペクト比が違う場合、要注意項目。[Crop]は元のアスペクト比を維持したまま、書き出しサイズいっぱいに拡大するモード。オリジナルSWFが部分的に欠ける。字幕スーパー入りなら気をつけて。
[Letterbox]は元のアスペクト比を維持したまま、書き出しサイズにぴっちり収めるモード。画角の差分部分は黒。16:9→4:3では上下が、4:3→16:9では左右が黒味になる。オリジナルレイアウトを維持できるので推奨。
[Stretch to Fit]は元のアスペクト比を無視して、書き出しサイズにぴったり変形モード。4:3→16:9では左右に変形しちゃう。まず、選ぶことはない。
「Transparent Background」はバックをアルファで書き出すオプション。これはMOVのときだけ有効。
VIDEO「Video Codec」はデフォルトの[H.264 High]でいいけど、他にいろいろ選べます。MOVを書き出すときは[QuickTime Animation]を選びます。Flash CCのビデオ書き出しと同じコーデック。
「Video Bitrate」はMPEG、Theora、VP8、WMVのコーデックを選んだ時用オプションです。
通常はこれで「CONVERT」をクリックすればOK。ついでなのでこの先も紹介しておくよ。

AUDIO

AUDIOここはサウンドトラックのオプションです。「Audio Source」はサウンドトラックの音源指定です。通常はSWFの音のままなのでデフォルトの[Extract from SWF]でいいです。[External Audio Track]は、外部のMP3かWAVを指定してサウンドトラックにするモード。
「Audio Cordec」はデフォルトの[AAC]でいいんだけど、一応[MP3]も選べます。
「Audio Bitrate」はSWFのパブリッシュ設定でおなじみ。128kbsでいいです。元のSWFに合わせればいいんだけど、このスライダは操作しにくいので、なるべく触らない方がいい。
もういいかげん「CONVERT」クリックして書き出しちゃえ。だって次のは、、、

OVERLAY

OVERLAY最後はオーバーレイオプションです。ビデオに画像を重ねる機能です。用途はコピーライトとかウォーターマークとかね。「Enable Watermark」のデフォルトはオフになってます。オンにするとこのオプションが有効になるので「Watermaek Image」で重ねる画像を選んで、「Alignment」で位置を決めます。あと大きさと透明度の指定ができます。使える画像は、PNG、JPEG、GIFなんだけど、どれもうまくいかなかったのです。プレビュー出てこないし、書き出したビデオにも反映されない。だからどーでもいいです、「CONVERT」をクリックして書き出し!

ビデオトラック書き出し中はプレビューが表示されます。次にサウンドトラックがミックスされて完了。これでMP4ビデオが書き出されました。FPSは元のSWFと同じです。さっそくYouTubeにアップロードしたよ。

Posted by A.e.Suck at July 3, 2014 12:23 AM





Flash
AE