September 27, 2016

カナダ式とディズニー流

Cartoon Animation

アニメーションでどう伝える? 知っておくべき原則とその破り方

エレン・ベセン著、Bスプラウト訳
ボーンデジタル(ISBN: 978-4-86246-331-9)
見かけによらずいい本。カナダ版「アニメーションの本」みたいな内容。つまりアニメーション作画リファレンスから絵コンテ、レイアウトなどアニメーションの教科書になってるのよ。しかも基本となるトラディショナルな原則だけではなく、様々なタイプへの応用についても描き分けられてて、アニメ的誇張表現までカバーしてる。著者のEllen Besenさんはアニメーターでないので絵を描いてるのは教え子かな。


キャラクターアニメーション クラッシュコース!

キャラクターアニメーション クラッシュコース!

エリック・ゴールドバーグ著、Bスプラウト訳
ボーンデジタル(ISBN: 978-4-86246-332-6)
ジョン・ラセターが推薦し、ブラッド・バードが序文書いた本。「日本のアニメーターの中で手塚治虫が好きだ」と言う著者のエリック・ゴールドバーグはディズニーの一流アニメーター。このミッキー描いてるオッサンがその人。『アラジン』のジーニーがいちばん有名かな。アニメーション作画リファレンスはコテコテのディズニータッチ。ディズニーのアニメーションのしくみや伝統のカートゥーンを勉強するにはいい教科書です。

エリック・ゴールドバーグのストーリーボード解説

Posted by A.e.Suck at September 27, 2016 03:03 PM





Flash
AE